MOVIE-LIST

【ジャンル別】ミュージカル・音楽映画おすすめ18選!音楽好きなら必見の作品を厳選

スポンサーリンク

5.恋愛音楽映画

  • 『ONCE ダブリンの街角で』
  • 『はじまりのうた』
  • 『ベイビー・ドライバー』
  • 『アリー/スター誕生』

『ONCE ダブリンの街角で』(2007)

あらすじ

なかなか成功をつかむことのできないストリートミュージシャンの男性は、ある日花を売る女性と出会う。

男が掃除機の修理をしていることを知った女は、自らの壊れた掃除機の修理を依頼する。

予告編

おすすめポイント

本作はジョン・カーニー監督の知名度を上げた最高の音楽映画うちの一本だ。

彼の育ったアイルランド・ダブリンを舞台に繰り広げられるラブストーリーに心温まること間違いない。

劇中音楽の評価も非常に高く、主題歌の「Falling Slowly」はアカデミー賞歌曲賞を受賞したほか、サウンドトラックはグラミー賞にノミネートされている。

音楽だけでもこれだけ評価の高い映画、ストーリーと合わせてさらに心を揺さぶるはずだ。

『はじまりのうた』(2013)

あらすじ

イギリスからニューヨークへとやってきたシンガーソングライターのグレタは、恋人と別れ、失意の中でライブハウスへと足を運んだ。

無理やりステージに上がった彼女だったが、その歌声を偶然耳にした音楽プロデューサーの目に留まる。

予告編

おすすめポイント

2作続けてこちらもジョン・カーニー監督の作品だ。

本作は非常に落ち着いた作品であるという印象が強いが、それは序盤の心休まる歌唱から物語が始まるからかもしれない。

音楽を通じた心温まる印象的な場面が多いだけに本作をお気に入りの映画としてチョイスする人も少なくない。

先ほどの『シング・ストリート』でもそうだが、本作の主題歌をマルーン5のアダム・レヴィ―ンが担当しており彼は映画に出演している。

ちなみに主題歌はアカデミー賞歌曲賞にノミネートされている。

『ベイビー・ドライバー』(2017)

あらすじ

ある日、ベイビーが車の中で音楽に夢中になっている間に3人組の男女が銀行に押し入った。

そしてそのまま彼の車で逃走する。音楽によって研ぎ澄まされた精神によって華麗なドライビングテクニックを見せ、警察はベイビーの運転する車を捕まえることに失敗してしまう。

予告編

おすすめポイント

本作は凄腕ドライバーが犯罪に加担する映画で音楽映画ではないという意見もあるかもしれないが、音楽の要素が強いうえに、音楽の持つすばらしさを実感できるという点から恋愛音楽映画として紹介する。

本作が愛される理由として、そのいかしたサウンドトラックが挙げられる。

音楽に合わせて精神を研ぎ澄まし凄腕を発揮する主人公にのせられて、非常にテンションの上がる映画である。

本作を観た後は無性にイヤホンをつけてお気に入りの音楽を聴きたくなる。

『アリー/スター誕生』(2018)

あらすじ

歌手として有名だったジャクソン・メインは酒とドラッグに溺れる日々を送っていた。

ある日バーに立ち寄ったジャクソンはそこで歌うアリーの歌声に心揺さぶられる。

予告編

おすすめポイント

本作は、実は3度目のリメイク作品である。

主演はブラッドリー・クーパー、レディ・ガガで、ブラッドリー・クーパーは本作で監督も務めている。

タイトルの通りスターダムを駆け上がるアリーの栄光が描かれるがその影もしっかりと描かれている。

恋愛音楽映画としての物語の評価が非常に高いのはもちろんの事、劇中音楽の評価も高く、映画と同時に音楽も大ヒットを果たした。最高の一本だ。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

Mr.Pen

-MOVIE-LIST
-, ,

© 2021 MOVIE-CFH