MOVIE

「A24」新進気鋭の映画配給会社を徹底解説。これまでの作品を紹介。今後公開予定のラインナップは?

スポンサーリンク

近年映画業界をざわつかせ、確固たる地位を築き上げつつある映画配給会社「A24」を皆さんはご存知だろうか。多くの名作映画において、目立つのは役者であったり、監督であることが多い。普段映画をただ楽しむだけの人は映画配給会社などあまり気にしないのが常だろう。しかし、もしも彗星の如く現れて世界の映画界で称賛される映画をいくつも立て続けに配給している会社があったとしたら、なんだかワクワクしないだろうか。「この映画はあの配給会社か。だとしたら面白いに違いない」こんな現象が起こりうるのだ。そして、そんな現象を起こしつつある、起こしている新進気鋭の映画配給会社が「A24」なのだ。

「A24」がこれまでに配給した主な作品と歴史

「A24」がこれまでに配給した作品は、映画界の話題をかっさらっていった作品ばかりだ。最初にこの映画スタジオが注目を浴びたのは『ルーム』だろう。本作は2015年に公開された作品でアカデミー賞、ゴールデングローブ賞含む数々の賞にノミネートされ賞レースを賑わせた。本作に出演したブリー・ラーソンはアカデミー賞やゴールデングローブ賞において主演女優賞を受賞し、一躍スター俳優へと押し上げた。ブリー・ラーソンはその後『キャプテン・マーベル』や2019年に世界歴代興行収入の歴史を塗り替えた『アベンジーズ/エンドゲーム』に出演し話題を呼んだ。また、トロント国際映画祭でも観客賞を受賞している。トロント国際映画祭はこれまでに『英国王のスピーチ』『それでも夜は明ける』『グリーンブック』などが観客賞を受賞しておりアカデミー賞作品賞に最も近い作品と言われている。

出典:映画『ROOM』公式サイト≫

その後も「A24」の快進撃が止まらない。翌年2016年に公開された『ムーンライト』を知らない映画ファンはいないだろう。本作は第89回アカデミー賞で作品賞含む3部門を受賞した。制作費が150万ドルと小規模である中、このような結果となったのは異例中の異例。この出来事がきっかけで「A24」は一躍世界の映画界にその名を轟かせた。特に本作は映画批評サイトRottenTomatoesでは批評家支持率98%観客満足度79%と言う驚異的な数字を叩き出している。その評価は現在も変わらない。また、本作はバリー・ジェンキンス監督と主要出演者が全て黒人ということもあり、ホワイトオスカーと揶揄されていたアカデミー賞のこれまでの空気感を変えたであろう作品でもある。ちなみにマハーシャラ・アリは『ムーンライト』で助演男優賞を受賞している。その後も『グリーンブック』で二度目の助演男優賞を受賞するなど活躍の1つのきっかけとなったに違いない。2016年にはこの他にも『ウィッチ』、『ロブスター』など世界的に評価されている作品を配給した。

出典:RottenTomatoes

その後も安定して良作を世界に配給し続けている。2017年には『Good Time』『フロリダ・プロジェクト真夏の魔法』『レディ・バード』と言った話題作を公開させた。『Good Time』ではサフディ兄弟が監督をした作品としても注目を集めたが現在公開されているNetflixとA24が配給している『アンカット・ダイヤモンド』もサフディ作品として注目されている。そして日本でも話題を呼んだのが『フロリダ・プロジェクト真夏の魔法』だ。本作は2008年のリーマンショックの余波によって苦しめられる貧困層を6歳の主人公の視点から描いている。カンヌ国際映画祭で上映され非常に高い評価を得た作品だ。そしてその年に最も注目を集めたのは『レディ・バード』であろう。この作品は出演者の確かな演技力が支持された。特にシアーシャ・ローナン,ローリー・メトカーフの演技は絶賛されている。

出典:RottenTomatoes

そして2018年にはホラー映画と言うジャンルでもファンを大いに盛り上げだ作品を配給している。それが『ヘレディタリー/継承』だ。本作は2018年最も怖い映画として紹介されているが、21世紀史上最恐、ここ50年で最高のホラー映画といった声も上がるくらいだ。本作で注目されたのがアリ・アスター監督だ。彼は『ヘレディタリー/継承』が初の長編ホラー映画であったものの監督・脚本家として世界中で大絶賛された。また、こちらも「A24」が配給する『ミッド・サマー』も絶賛されており、日本でも今年公開される。

出典:『ミッドサマー』公式サイト≫

「A24」って一体どういう会社?

果たして、「A24」とはいったいどのような会社なのだろう。ここまで数々の作品を紹介したのでその凄さは分かっていただけたであろう。しかし、驚くのはまだ早い。なぜなら設立されたのがたったの7年前の2012年だからだ。長い映画の歴史の中においては非常に歴史の浅い映画配給会社であることがわかる。設立したのはダニエル・カッツ、デヴィッド・フェンケル、ジョン・ホッジス。専門とするのは

  • 映画製作、出資、配給
  • テレビ番組の製作、出資、配給

などだ。「A24」が台頭するきっかけの一つにはワインスタイン・スタジオの腐敗があるとも言われている。ワインスタン・スタジオは経営者のワインスタインが長年にわたりセクハラを行なっていたとして批判されて、経営が悪化。破産にまで追いやられた。これは日本でも話題となった「#MeeToo」運動のきっかけなのだが、これにとって変わるかのように「A24」は台頭していった。

映画配給会社が行う事ってどんな事?

そもそも映画配給会社にはメジャースタジオと独立系が存在する。ここまで紹介した「A24」と「ワインスタイン・スタジオ」は独立系映画会社だ。そして皆さんもよく知る

  • ウォルト・ディズニー・スタジオ
  • ワーナー・ブラザーズ
  • ユニバーサル・スタジオ
  • 20世紀スタジオ
  • ソニー・ピクチャーズ
  • パラマウント・ピクチャーズ

の6つのスタジオだ。そしてその他の配給会社、先ほども紹介した「A24」などが独立系の映画配給会社だ。ではメジャースタジオと独立系の違いはいったい何なのだろうか。そのひとつとしてあげられるのが規模だ。お分かりだろうが、規模が違うから配給できる映画の規模も異なってくる。そしてもう一つが自社スタジオを持つか持たないかである。簡単に言うと自社スタジオを持つメジャースタジオは映画を買い付ける必要がない場合が多いが、自社スタジオを持たない独立系は自ら映画を買い付ける必要がある。

今後も注目の作品が続々(2020年以降)

【あわせて読みたい】

A24が2020年に公開予定の映画と日本公開未定作品をまとめて紹介

最後に、「A24」の作品のうち日本で公開されるものを紹介します。

『ミッドサマー』2月21日

先ほども少し紹介したが、本作はアリ・アスター監督の長編ホラー映画第2作だ。公開されている公式ポスターでは、ホラー映画であるにもかかわらず非常に明るい見た目で色鮮やかであることが特徴的であるが、そこが罠であることはお分かりだろう。「明るいことが恐ろしい」がキャッチコピーとなっているくらいだ。ちなみにタイトルのMidsommar(ミッドサマー)は夏至祭(スウェーデン語)を意味し、家族を不慮の事故で失った主人公ダニーが大学で民俗学を学ぶ仲間と共に90年に一度の祝祭に訪れることから全ての物語が始まる。色鮮やかで楽園のような景色は、果たして私たちにどのような恐怖体験をもたらしてくれるのだろうか。『ヘレディタリー/継承』での成功があっただけに、アリ・アスター監督,「A24」の作品には期待してしまう。

『ミッドサマー』考察記事はこちら

『フェアウェル』4月10日

ガンで余命3ヶ月の宣告を受けたナイナイは中国に住むビリーの祖母だ。最後に会うためにビリーとその家族はニューヨークを飛び立った。ナイナイに病のことを隠すためにみんなで集まる口実としていとこの結婚式をでっちあげる。しかし本当のことを伝えるべきと訴えるビリーと一家で葛藤する。

まず抑えておきたいことが、本作が数々の賞を受賞していることだ。特に、ゴールデン・グローブ賞ではオークワフィナが主演女優賞を受賞し注目を集めた。彼女の演技には大注目だ。ちなみに外国語映画賞にもノミネートされていたが本年度アカデミー作品賞の『パラサイト半地下の家族』という強力な作品がノミネートされていたため、受賞を逃している。そして本作は驚くべきことに全米4館公開からのスタートであったということだ。その後口コミによってその評判が広がり、瞬く間に賞レースに割って入ったのだ。それくらい注目の作品だ。

『WAVES/ウェイブス』4月10日

本作の注目すべきポイントは、2本の映画で構成されていることだ。1本目は鬼気迫り、2本目は穏やかな作品となっている。そしてもうひとつ注目したいこたが、音楽だ。作品全体で31曲が採用されており、タイラー・ザ・クリエイターやカニエ・ウエストなど注目のアーティストが名を連ねている。またこれらの楽曲は登場人物の感情とリンクするように構成されている。

そしてもう1つ『アンカット・ダイヤモンド』が現在Netflixで配信中だ。こちらも見逃せない。

映画『アンカット・ダイアモンド』【考察】ネタバレ感想・徹底解説。物語の答えはタイトルにあり。

この他にも『First Cow(原題)』(2020年3月6日全米公開),『Saint Maud(原題)』(2020年3月27日全米公開),『Minari(原題)』(公開日未定),『Zola(原題)』(公開日未定)などが「A24」が配給する予定だ。

A24公式サイト≫

スポンサーリンク

おすすめ記事

-MOVIE

© 2020 MOVIE-CFH Powered by AFFINGER5